探偵 選び方

経験豊富なプロがあなたのお悩みを解決します!


≫≫ 浮気・不倫調査「原一探偵事務所」【無料相談】はこちら ≪≪

探偵社・興信所の選びはここが難しい!

浮気調査、ストーカー、いたずら、嫌がらせ、盗撮・盗聴器、人探し・・・

 

探偵に依頼できる内容は多岐にわたり、またいくつもの探偵社や興信所があります。

 

しかし、探偵社・興信所は日ごろから頻繁にお世話になるものではない上、依頼するときのイメージをとらえにくいため、どの探偵や興信所が良いのか判断するのは、容易なことではありません。

 

こちらでは、「探偵社・興信所の選び方」や「ネットから見積依頼できるサービス」など、失敗しない探偵社・興信所の選び方に役立つ情報をご紹介します。

 

絶対依頼してはいけない探偵社・興信所を選ばないための10ヶ条!

 

探偵業法が実施され、悪徳な探偵社はずいぶん減っています。

 

ですが多くの会社やサービスがある中で、何を基準に依頼先を選べば良いのでしょうか?

 

ここでは、そんな疑問を解決するヒントとなるよう絶対に依頼・契約してはいけない探偵社・興信所の特徴をご紹介します。

 

1.探偵業法の届出がない
探偵社や興信所は、営業所がある管轄の警察署に届け出を出し認可されなければ探偵業を行う事はできません。認可のない業者は違法営業の悪徳業者だと思ってもいいでしょう。

 

届出を確認する方法
ホームページ上に届け出番号が掲載されているので、各社ホームページを見て確認できます。実際に営業所に足を運んだ際に「探偵業届出証明書」が事務所内に掲示されているか確認しましょう。

 

2.会社の所在地などが不明
ホームページ上に会社の住所や概要が掲載されていない、電話番号のみ記載されているような場合は、会社自体が存在していない可能性があります。

 

3.サイトや広告のキャッチフレーズが誇大
「全国NO1の調査力」「成功率○%の探偵社」などの大げさな表記がある探偵社はあまり信用しない方がよいでしょう。調査力のある探偵社でも様々な調査条件での依頼、トラブルに遭遇するため、単純に成功率を広告に出すことはできません。悪徳業者とは言い切れませんが、広告の内容をあまり鵜呑みにしない方が得策です。

 

4.面談場所が探偵社の事務所でない
依頼者側の都合にあわせて外で面談を行う場合はありますが、依頼者を事務所に招きたくない業者には要注意です。事務所が存在しない、営業許可が無い、実情がバレるとまずいなどの理由から、事務所以外で面談を行おうとしているのです。

 

5.契約書を交わさない
契約を行う段階で、契約書がない探偵社は注意してください。探偵業法では重要事項は契約書を交わすことが探偵業法で義務づけられていますので、契約書を交わさない探偵社は非常に危険です。契約書には、その調査内容や調査目的、料金が記載されているので自分の納得できるものかどうか、しっかり確認して下さい。

 

6.しつこい営業
相談者は精神的に落ち込んでいる心理状況で、正しい判断ができません。面談の際に、帰ろうとする依頼者を長時間にわたって説得したり、強引に引き止め契約書にサインさせようとする業者がいます。

 

相談者が不愉快な思いをしない、押し売りなどが無い探偵社や興信所をお選び下さい。

 

7.契約以外の調査
調査内容や調査目的、日程が契約で決められているのにも関わらず、調査員を必要以上に増やしたり、長期間の調査を行う等、無駄の多い調査を行い、多額の調査料金を請求する手口です。

 

調査内容や場所によって調査員の人数や調査時間は変わってはきますが、通常2人1組で調査にあたります。

 

もし増員などの可能性がある場合は、契約時に確認しておきましょう。

 

8.予期しない追加料金
低料金を前面に押し出し、最低限必要になるはずの料金などをオプションにし、そのオプションや諸経費の追加料金により見積りに記載した以外の追加諸費用を請求する業者がいます。

 

価格が安いという事ばかりに気を取られないでく、調査技術と調査体制から総合的に判断する事が大切です。

 

9.嘘の調査報告
調査の証拠である写真や、動画の日付を編集し、あたかもその日に調査を行ったように偽装する悪徳業者も存在します。調査報告をきちんと確認して、全体的に矛盾がないかどうか確認をしっかりおこないましょう。

 

また、中には調査報告を提出しない、追加料金が必要などと脅迫じみた探偵もいます。そういった場合は、契約書の内容を確認した上で、消費者センターなどに相談して下さい。

 

10.妥当な調査料金
調査料金は、多くの場合に調査の内容や状況によって異なります。調査対象者の行動パターン、住居(一戸建てなのかマンションか)、住宅環境(閑静な住宅街か)、移動手段(自動車、電車、徒歩)、職業(会社員か自営業)など様々な要素を加味しなければ、適正な調査プランを立てることは出来ません。

 

相場として、調査員1名あたり1時間5,000円〜15,000円、1日の調査時間を4〜5時間に設定。調査員2名で調査するパターンが探偵料金の相場ですから、、調査料金は8万円〜が相場となります。

 

ハライチがおすすめな理由!
●知名度が高く安心!

テレビ朝日「テレビのチカラ」、TBSテレビ「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」などで有名な原一探偵事務所なら安心して調査依頼できます。

 

●取り扱う業務が幅広い!
テレビ番組では主に人探しの調査ですが、浮気調査をはじめ、嫌がらせ捜査や盗聴器発見業務など幅広い調査分野をカバーしています。いざという時に対応力が違います!

 

●明確な料金体系!
豊富な経験と実績から調査プランも豊富で1日からの調査や成果報酬制、分割払いが可能と柔軟にあなたに合った解決方法をアドバイスしてくれます。追加費用で泣き寝入りなんてことはありえません!