探偵 興信所 違い

経験豊富なプロがあなたのお悩みを解決します!


≫≫ 浮気・不倫調査「原一探偵事務所」【無料相談】はこちら ≪≪

探偵と興信所の業務

業者に調査依頼をしようとして探してみると、「○○探偵」や「○○興信所」という表記をよく見かけるのではないでしょうか。
探偵・興信所とは、信用調査、行動調査、ストーカー対策、盗聴器・盗撮器の発見などの調査を行う機関です。

 

信用調査

結婚、雇用、取引先などの、相手側を調査することが多くあります。
最近では、結婚する場合、両親からの依頼を受けることも多いです。

 

行動調査

依頼の多くは、浮気調査です。
パートナーの怪しい同行に対して、その人の行動内容を調査するものです。

 

探偵と興信所の違い

業務内容は、同じようなことですが、この「探偵」と「興信所」の違いとは、どのようなことなのでしょうか。

 

実際に、探偵と興信所の違いについては、「主な業務について」です。
探偵も興信所も、守秘義務を厳守するので、調査で知り得た情報や、依頼者から提供していただいた情報は、特別なことがない限りは、第三者に漏らすことは、まずありません。

 

探偵業務として代表的な調査依頼は、浮気調査などの信用調査です。また、人探しなどの行方調査、ストーカー調査、盗聴器発見などがあります。身分を隠し、時間と手間をかけて、徹底的に対象者を調査するので、調査対象のことを詳しく知りたいという方に、適しています。

 

興信所業務として代表的な調査依頼は、結婚などでの信用調査、企業関連の雇用・取引先の信用調査などがあります。

 

調査員は、調査対象者に対して、きちんと身分を明かして調査することが殆どで、外枠的な調査が専門のため、詳細なデータは、あまり得られませんが、調査費用は、比較的安く済みます。
ですが、現在では、探偵も興信所も「総合探偵社」や「総合興信所」として、どちらの業務も行う調査会社が殆どです。

 

その為、それぞれの得意分野はありますが、調査内容での差は、殆どない状態です。


>> 失敗しない探偵社・興信所の選び方!依頼・契約する前に確認する10のポイント!