探偵 調査 プライバシー 侵害

経験豊富なプロがあなたのお悩みを解決します!


≫≫ 浮気・不倫調査「原一探偵事務所」【無料相談】はこちら ≪≪

探偵の調査とプライバシー権

探偵は、個人から依頼を受けて、身上調査や素行調査を行いますが、その調査内容の中には、法的に調査することができないものもあります。
探偵での調査では、調査対象者の、私生活での秘密を調査することが大半です。
探偵で調査を行うことで、調査対象者の「他人に知られたくないこと」も、浮き彫りになってくるかもしれません。
その場合、「プライバシー権」の問題で、トラブルが発生してしまう場合があります。

 

【プライバシー権とは】
私生活上で、秘密と名誉を第三者に侵害されることのない権利。
日本では、憲法では明確に規定されてはいないが、判例法上では、認められているものがあります。

 

正当な調査と調査方法

「プライバシー権」の侵害に当たる調査でも、それが全般的に行えないというわけでは、ありません。
例えば、パートナーの浮気調査の場合、対象者の浮気の有無も含め、依頼主と対象者の関係性が崩れてしまうかもしれません。
その場合は、対象者の浮気の証拠を得るという、正当な目的なありますから、これは正当な調査であるといえます。
行方不明者の調査に関しても、その目的が正当なものであれば、正当な調査であるといえます。

 

ですが、正当な調査であっても、違法である「不法侵入」「恐喝」「盗聴」などの場合は、その調査方法は行うことができません。
調査ができる・できないの判断は、ケースバイケースですから、まずは、信用のける探偵社へご相談することを、お勧めいたします。

 

依頼者の責任

探偵の中には、違法な調査活動を行ってしまうところも、存在します。
その場合、一番の責任を負うのは探偵社となりますが、調査依頼者が違法を承知していたり、違法とわかっているのに調査依頼を行った場合は、調査依頼者も、その責任を負うことになります。

 

違法な調査を防ぐためには、探偵社に正式に依頼を行う前に、その探偵社がどのよな調査方法で調査を行うかをよく聞いて、その調査が違法でないかどうか、きちんと確認することが重要です。


>> 失敗しない探偵社・興信所の選び方!依頼・契約する前に確認する10のポイント!