探偵 調査 秘密 守る

経験豊富なプロがあなたのお悩みを解決します!


≫≫ 浮気・不倫調査「原一探偵事務所」【無料相談】はこちら ≪≪

探偵の調査の守秘義務

調査をしていく中で知り得た人の秘密は、どのように取り扱われるのでしょうか。

 

ご相談者の中には、今まで提出してきた個人情報などが、調査後にどのように取り扱われるかを心配される方が多くいらっしゃいます。

 

探偵業務は、人の秘密を知る機会が大変多いので、秘密の取り扱いには、十分に注意する必要がありますが、残念ながら、探偵が依頼者の調査内容を元に依頼者を恐喝するというケースが未だにあります。
また、「秘密の保持等」に関して、探偵業法にて下記のように定められています。

 

秘密の保持等

 

第十条
1)探偵業者の業務に従事する者は、正当な理由なく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。
探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。

 

2)探偵業者は、探偵業務に関して作成、又は取得した文書、写真その他の資料(「電磁的記録・電子的方式・磁気的方式・その他、人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。」を含む。)について、その不正、又は不当な利用を防止するために必要な措置をとらなければならない。

 

調査依頼者の秘密主義

 

探偵だけではなく、調査を依頼した人もまた、探偵から「人の秘密」を知らされます。
探偵業法では、違法な差別的扱いや、その秘密を元にした恐喝などの犯罪行為を防止するために、依頼者に対しても、書面の交付として以下のように定めています。

 

書面の交付を受ける義務

第七条
探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、当該依頼者から、当該探偵業務に係る調査の結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければならない。

 

探偵業法では、調査で知り得た「人の秘密」を、探偵社が不正利用したり、調査依頼者が違法に取り扱うことがないよう、きちんと定められています。

 

ですから、探偵事務所に調査依頼をするときは、安心して、調査依頼を行うことができます。


>> 失敗しない探偵社・興信所の選び方!依頼・契約する前に確認する10のポイント!