探偵 役割

経験豊富なプロがあなたのお悩みを解決します!


≫≫ 浮気・不倫調査「原一探偵事務所」【無料相談】はこちら ≪≪

探偵の役割と、警察の役割

刑事事件は警察が取り扱い、民事事件は探偵が取り扱っています。

 

【民事事件と刑事事件の違いとは】
 「民事事件」は、被害者が加害者に対し、損害賠償を要求するものです。
 「刑事事件」は、検察官が加害者を起訴し、処分を要求するものです。

 

警察は、事件解決を目的としているのに対し、個人や企業の悩みを解決することを目的としているのが探偵です。
また、警察は、起きているトラブルが事件になるまで、関与することができませんから、事件に発展しそうな個人間や企業でのトラブルなどは、探偵が、依頼者から依頼を受けることで、調査を行います。

 

【民事事件の例】
 ・「借金トラブル」知人にお金を貸したが、返してくれない。
 ・「近隣トラブル」家の玄関にいたずらをされた。
 ・「不倫・浮気」夫が浮気をしている
 ・「慰謝料、損害賠償」婚約を一方的に解消された。

 

様々なトラブルを解消する役割

日々の社会生活の中では、様々なトラブルが起こりますが、それら全てを警察に訴え解決してもらうことは、できません。
そこで、探偵が、そのトラブルの原因を調査する役割を行っているのです。
探偵が請け負う仕事の中で、一番多い調査は、「浮気調査」ですが、それ意外にも、警察が関与できない人探しや、いたずら・嫌がらせの調査も行っています。

 

困ったことがあった場合は、警察ではなく、まずは探偵に相談してみては、いかがでしょうか?


>> 失敗しない探偵社・興信所の選び方!依頼・契約する前に確認する10のポイント!