ペット 捜索 探偵

経験豊富なプロがあなたのお悩みを解決します!


≫≫ 浮気・不倫調査「原一探偵事務所」【無料相談】はこちら ≪≪

迷いペットの捜索を依頼できる探偵

迷子になってしまった犬、猫、鳥、その他動物を出来る限りの捜索(近隣地域の捜索、張紙、地方紙掲載、保健所etc)をしても見つからなかったというケースはたくさんいます。

 

飼ってるペットがいなくなり、広告、貼り紙等、手を尽くして捜索した後に警察に捜査依頼することを考えますが、残念ながら「ペット」=「器物」のため捜査の対象になりません。

 

手を尽くしたのに見つからない場合は、自分のペットが他人の家で飼われている可能性があるので、本気で探すなら、探偵業法の届出を行っている探偵社への依頼をおすすめします。

 

ペットの捜索は、探偵業には該当しない

 

ペットの捜索に関しては、「探偵業法」は、適用されません。

 

ですから、本来は、探偵・興信所が行う業務では、ありません。業務の種類としては、便利屋などの業種と等しい、業務一環となります。

 

探偵によっては、ペット捜索をする部署があったり、ペット専門の業者も存在しますから、探偵はペット探しをしないということは、一概には言えません。

 

ただし、「自分のペットが他人の家で飼われている」などの場合、その調査対象は「人」になりますから、その場合は、「探偵業」となりますので、探偵業の届出を行っている探偵社しか、捜索することはできません。

 

また、ペット捜索が専門の業者である場合は、探偵業法は適用されませんから、法律的な規制は、特にありません。

 

ペットの捜索を依頼する場合、複数の業者に話しを聞くなどして、身元がしっかりした業者かどうかを十分注意し、よく見極めた上で契約を行いましょう。

 

ペット探しは、人探しよりも難しい!?

 

ペット捜索で行うこと
・ポスター、チラシの作成
いなくなったペットの特徴がわかる、ポスターやチラシを作成します。

 

・ペットの捜索
飼い主から、いなくなったペットの性格や、日頃の行動を伺い、それを参考にペットの捜索を行います。

 

・情報収集
捜索を行いながら、ポスターの配布やチラシの配布、近隣の住民などから情報収集を行います。

 

その他にも、各業者によって、様々な方法で、ペットの捜索を行っています。
ペットを探すのは、人を探すよりも難しいと言われていて、いなくなったペットを発見できる確率は、約75%程だと言われています。
私たち人間と違い、普段の行動が見えない分、捜索が難しいといえるのではないでしょうか。


>> 失敗しない探偵社・興信所の選び方!依頼・契約する前に確認する10のポイント!